2010年03月20日

作者紹介:ヤマザキマリ

『テルマエ・ロマエ』の作者であるヤマザキマリさんは普通の漫画家と比べたら
というと失礼かもしれませんが、非常にユニークな経歴をお持ちの方です。

東京都で生まれますが、母親が北海道の札幌交響楽団に在籍していたため、
幼少期を北海道で過ごします。
そしてミッションスクールに通っていた14歳のころ、なんと単身で
ドイツとフランスをひとり旅するのです。
「かわいい子には旅をさせろ」といいますが、実際に行かせた
ヤマザキさんのご両親もすごいですよね。

その時に出会ったイタリア人の陶芸家に招かれて17歳でイタリアに渡り、
フィレンツェの美術学校で油絵
を学びながら11年間過したそうです。
もうこの時点で普通の高校生では得難い生活を送っています。

フィレンツェにおける留学生活は貧困を極めるものだったとマンガの中の
「 ローマ&風呂、わが愛」の中でも綴られています。
漫画を描き始めたのも食べていけなくなった為だったそうです。
そして1996年にイタリア暮らしを綴ったエッセー漫画でマンガ家デビューを果たします。
 
このころイタリアから一時帰国し、北海道大学と札幌大学で
イタリア語の講師を務めていたこともあるそうです。
11年間もイタリアにいればそれは流暢なイタリア語でしょうね。

平行して北海道のローカルテレビでイタリア料理の紹介や旅行のレポーター、
ラジオのパーソナリティーなどまでこなしており、マルチな才能を発揮しまくりです。

現在は上記のイタリア人陶芸家の孫と結婚し、中東での暮らしを経てなんと
ポルトガルに在住。
2010年3月17日に行われた「マンガ大賞2010」の表彰式にも
現地ポルトガルから「skype」を使って参加しています。
マンガ業界もグローバル化が進んでいるんですね。

主な作品は「月刊コミックブーム」に連載中のこの『テルマエ・ロマエ』のほかに、
講談社の「Kiss」で『モーレツ!イタリア家族』や『ルミとマヤとその周辺』を
連載しています。
これらのマンガも自身の体験や生活を活かしたものが多く人気を呼んでいるようです。

ちなみにヤマザキマリさんの公式ブログは『ヤマザキマリ・Somos em Portugal

更新がない時は記事書きにつまっているときだとか…
マンガの補足情報なども述べられていておもしろいですよ☆


posted by ルシウス at 12:55| 作者紹介>ヤマザキマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。